Press "Enter" to skip to content

どんな照明を選ぶのが良い?LED照明の選び方

部屋の大きさで照明を選ぶ

部屋の広さによって選ぶ照明は変わります。LEDのシーリングライトには、ルーメンと呼ばれる単位で表すことができる明るさの数値があります。このルーメンが大きいほど、LEDの照明は明るいものになります。しかし、とにかく数値の大きいものを選べばいいというわけではありません。部屋が狭いのに数値の大きいものを選んでしまうと、眩しすぎて生活がしにくくなります。

例えば、4畳から5畳程度の部屋であれば、2700ルーメン程度の明るさが適切です。また、部屋の大きさが14畳程度ある場合は、5600ルーメンくらいの明るさがないと部屋が暗く感じてしまうかもしれません。このように、部屋の大きさに合わせた照明を選ぶことで、快適な生活を送れるようになります。

調色や調光を自由に変えられる照明が便利

時間やシチュエーションによって照明を変化させたい人もいるでしょう。そのような方には調色や調光を自由に選べるタイプのLED照明がおすすめです。日光が入りやすい住宅に住んでいる人は、日中の照明の明るさは弱くてもいいでしょう。しかし、照明を消してしまうと暗すぎるという問題もあります。そのようなシーンで役立つのが調光の調節機能です。常に100%の明るさを出すのではなく、日中は30%の明るさで過ごすこともできます。明るさを調節できることで、照明の寿命も長くなるというメリットが得られます。

また、調色の調節機能があれば、生活シーンに合わせて照明の色を変えられます。食事中は温かみのあるオレンジ系の色を選べますし、勉強や仕事を行う際には白系の明るさで集中しやすい空間を作ることも可能です。

LEDテープとプラスチックモール、アダプターや配線用の銅線、クリアファイルがあればLEDライトパネルを自作出来ます。