Press "Enter" to skip to content

メリットがたくさん!CADを導入するメリット

製図作業の効率化が図れる

一昔前で前であれば設計は人の手によって行うのが基本とされていましたが、時代の移り変わりの中でCADを導入する企業が増加傾向にあります。CADは専用のソフトウェアをインストールしてパソコン上で設計や作図を行えるのが特徴で、導入における大きなメリットとなるのが作業の効率化です。データ入力で作業を行うため、設計の変更、削除や追加などが簡単にできます。これにより、作業時間を大幅に減らすことが可能です。

手書きで作図が経験や技術力によって仕上がりに大きな差が出てしまうのに対して、CADは経験の浅い初心者でも一定の基準を満たした物を作り上げることができます。選ぶソフトによって若干の違いはありますが、CADの導入にはある程度の初期費用が掛かってしまうのは否めません。しかし、人材を確保して職人レベルに育て上げるまでに掛かる時間やコストに比べたら遥かに安く済みます。

データの管理や共有がしやすい

依頼を受けて図面設計をする場合、会社内だけでなくクライアントや外部の設計会社といった様々な企業と連携をしながら作り上げていくのが基本となります。事前の打ち合わせ、完了報告だけで済ませてしまうと問題があった場合に対処しづらくなるので、小まめに作業途中の現状報告を行わなければいけません。紙媒体の製図では、その都度専用のスキャナーにデータを取り込んで送信することで時間や手間を必要としていましたが、CADであればネット上でのデータのやり取りで簡単に共有することが可能です。

水道CADとは、水道設置に関わる図面作成をコンピュータ上で行う仕組みです。設置に伴う申請や施工の際に必要な平面図や立面図などを作成する場合に使用されます。